SAP BLOG

長野県長野市の古着&カフェ【SAP】のブログ

<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 【第2子誕生の巻】 | TOP | 【文明の利器】 >>

2009.10.10 Saturday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | pookmark |
2009.10.04 Sunday

【プ・ロ・セ・ス】

特別な告知がある訳でもなく。

今日は何となく天気もいいし。

昨晩は「名月」見たし時間有るから文章でもと思いましてね。




アナタの言ってる通り、文章書くのは嫌いではないですよ。ハイ。

時間があればナンシー関ばりの酷評をしたいのですがそれは後ほどに。

今は私、日本の長野の篠ノ井の五明地区で世界一周ほどの旅をしていますので。

クリエイトするのはもうちょこっと先のお話です。

現に一年前よりも普通の大人ちょい欠けるぐらいにはなってますので。

たいじょうぶ。

また楽しませますので。





映画のラストは2時間があるから成立するもんでラストだけ見ても面白くない。

進行のプロセス、課程があっての形があるから面白い。



これは先日の話し。

ある女性が一言も発していなく、心配で声をかけると突然泣き出す。

困惑の表情を浮かべた私は理由を聞くも訳を話してくれず、ただ女性は泣き笑いで「ありがとう」と。



2週間後。




すっかり女性が泣き出した事も忘れていた私はその女性に合う。

女性はこう話す。

「実はあの前の晩、とても仲の良かった姉が亡くなったのです。

私はあの日ここから逃げ出す事を考えておりました。

どうしていいのか解らず、朝から逃げ出す事をずっと考えておりました。

考えてる時に貴方から声をかけられました。

そしたら涙が出ました。

今はもう大丈夫です。」



と話してくれました。





2週間たってやっと「私はもう大丈夫」と言えたまでの課程にはきっと波があったんでしょう。

まだまだ波は来るでしょう。

でもその2週間はとてもとても大事な2週間だったと、私は思います。






私は今その2週間にいるのです。


09:03 | - | comments(0) | - | pookmark |
2009.10.10 Saturday

スポンサーサイト


09:03 | - | - | - | pookmark |

コメント

コメントする









▲top